飲み放題&定額料金制ウォーターサーバー!水ボトル無しだから楽チン!お水が美味しいと評判の水道水浄化型ウォーターサーバー!契約年数の縛り無し&解約違約金無し!無料お試し申し込み受付中!/みらいウォーター株式会社

 

 
 
 
 
 

みらいウォーターサーバー無料お試し設置申込

 ■ウォーターサーバーの特徴

 
ウォーターサーバーとは、いわゆる「冷温水器」を指す言葉です。よく企業や店舗などでウォーターサーバーを見かけるかもしれませんが、最近では家庭でも導入される人が増えてきました。いつでもすぐに美味しい冷水が飲め、温水まで使えることから、利便性の高い家電として今後より多くの家庭でも普及していくでしょう。
 
 
【ウォーターサーバーの歴史】
 
元々ウォーターサーバーは100年以上も前に作られた機器で、現在のような冷水・温水を作る機能はなかったものの、汚れた水をろ過して綺麗にする働きを持っていました。先進国のアメリカでも安全な水を飲むためにはウォーターサーバーのようなろ過装置が必要だったのではないかと考えられます。
 
また、現代でも水道水からネグレリア・フォーレリと呼ばれるアメーバが発生し、水道の使用を控えるように勧告が出されるほどです。もちろん、これは一部で発生した問題に過ぎませんが、日本に比べて水の安全性が確保されていないからこそ、ろ過機能が備わったウォーターサーバーが開発されたと言えるでしょう。
 
日本では今から約130年前に水道水からの給水がスタートしています。それから1970年代に入ると浄水器やミネラルウォーターが日本でも注目を集め、徐々に需要が高まっていきました。1980年代にはミネラルウォーターを選ぶ人が増えていきます。そしてこの頃から日本でもウォーターサーバーが広く普及されるようになっていったのです。さらにミネラルウォーターやウォーターサーバーが注目されるようになったのは、1994年に発生した渇水による水不足が影響しています。
 
水不足の状態が続き、節水する環境が続きましたが、飲み水まで節水してしまうと健康状態に悪影響を及ぶす可能性も出てきます。そのためミネラルウォーターやウォーターサーバーに注目が集まるようになったのです。さらに、2011年に発生した東日本大震災においてライフラインが寸断された時にもミネラルウォーターやウォーターサーバーの重要性が広まっていきました。
しかも東日本大震災では放射線に汚染されているのではないかという恐怖心から、食材などの風評被害も広まっています。水道水も同様に放射線汚染が心配されていたため、ウォーターサーバーなどの需要が高まりました。
 
 
ホームページ作り方